次回、ポルシェコーディング日程が決定!BENZ シューティングブレークとステーションワゴンの違いって?

2015年10月14日

TTS のスピーカー交換と、新型カメラ発売開始!


こんばんは、高橋です。

朝夕めっきり寒くなり、そろそろ半袖では限界が来そうな横浜です。


昨日ご納車完了した「TTS(8J)」は、先日レーダーとドラレコを
施工させていただいたお客様の再入庫でした。

IMG_8114
 DIATONE DS-G20 スピーカーに換装させていただきました。


IMG_8091
Before 純正スピーカー


IMG_8102
After DIATONE DS-G20 + オリジナルバッフル + デッドニング(見えませんが)


IMG_8093
並べるとこんな感じです。



IMG_8110
トゥイーターは純正位置にインストール。



IMG_8107
最後に弊店インストーラー兼技術責任者橋本が
入念に音調整を実施してからご納車となります。



IMG_8116
次はフロントカメラ、そしてサイドカメラをご検討中とのこと
でしたので、少しずつ自分仕様にしていきましょう(^o^)


ご相談お待ちしております。




そして、昨日から発売しております「RXカメラ」

ボール形状のカメラは今までも他社様から発売されているのを目にした方もいらっしゃると思いますが・・・
弊社のRXカメラは、全くの新規開発、組み合わされている内部部品も、外側のアルミケースも全てが新設計の全く新しいカメラです。
防塵防水保護等級も、IP67だった前モデルより防水性能が1ランク上の、IP68をクリアしています。
水没も怖くありません! 

RXカメラ内部

レンズ(黒い部分)も新設計、撮像素子(CCDSセンサー)が搭載される基板(緑色の部位)も専用設計、外側のオールアルミケース(紫色と青色の部分)も弊社内で設計した、全く新しい形状です。

RXカメラ外部
特に注目していただきたいのは、上の図の紫色の部分、カメラ後方の形状です。
コチラの側面からの図で見ると一目瞭然ですが、段差を作ることで表面積を拡大し、放熱性能を高めたヒートシンク形状をしています。
小さなカメラボディでさえ、このような機能を持たせた形状の物を、今までに目にしたことがありますか?
我々は細部に至るまでこだわり、たとえコストが上がっても、機能と性能が向上する「コダワリ」には開発費を惜しみません。


AX-RX00MC

まずはこちらの「AX-RX00MC」から発売開始です。



s-OMD51226
こちらの形状はカメラを目立たせたくない方にぴったりです。
下から覗き込まない限り、カメラの存在にはほぼ気付きません。
21Φの穴あけで配線も見えず、カメラ本体も半分以上埋め込まれて目立ちません。


AX-RX00MC_02
穴を開けたくない方向けには、こちらのカバーが付属しています。
配線を通す穴は必要ですので、目立たないわけにはいきませんが、
小さな穴だけで済ませたい方にはおすすめします。



AX-RX01BC
AX-RX01BC_01
こちらは11月上旬発売の「AX-RX01BC」です。
あえてカメラらしい形状のカバーを纏っています。
こちらも21Φの穴あけでの取付です。



AX-RX01BC_02
こちらの形状がお好みな方は11月上旬までお待ちください。
もちろんご予約もお受けしています。


新しい性能を搭載した「RXカメラ」、是非お試しください!



それでは本日もありがとうございました。



 

mixiチェック
axis_iwaune at 20:06│Comments(0)TrackBack(0)アウディ | スピーカー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
次回、ポルシェコーディング日程が決定!BENZ シューティングブレークとステーションワゴンの違いって?